黒神くじら

黒神くじらは黒神家の長女でめだかの姉、めだかに似た風貌の美少女であるが若干目つきが鋭い。登場当初は名瀬夭歌と名乗り顔全体に包帯を巻き素顔が分からない状態だった。

二年一三組に所属し、「十三組の十三人(サーティーンパーティー)」の一人としてめだか達と対決する。バイオテクロノジーの分野において世界的な権威で、人工的に異常(アブノーマル)を作り出すフラスコ計画では統括者として参加していた。

素晴らしいものは地獄からしか生まれない

生まれた時から素晴らしいものは地獄からしか生まれないと言う価値観を持っており、自信を逆境に追い込むことで更なる成果を出そうとしていた。

しかし、どれだけ追い込んでも満足できなかった黒神くじら11歳の時に家族や幸福な記憶を捨て名瀬夭歌として生きることを決意。

それ以降黒神家を家出し行方不明となっていたがフラスコ計画を通じて兄と妹と再会している。

古賀いたみとの関係

親友であり実験体でもある古賀いたみのことを何より大事と思っており、あらゆる手段を選ばない彼女だが彼女が危機に陥った際はめだか達に助けを求めている。

都城王土との戦いで傷ついた古賀いたみを救う際に黒神真黒の説得を聞き入れ以降、黒神くじらとして学園に在籍することになる。

生徒会での立ち位置

和解後は口では何だかんだ言いつつ面倒見が良く、生徒会の面々をサポートしている。球磨川との対決では怪我をした阿久根の代理として書記戦に参戦し、結果的にめだかと和解し対戦にも勝利している。

生徒会の面子の中では姉妹であるめだかよりも善吉と仲が良く、善吉とめだかが対決した際は積極的に善吉のサポートに回っている。

能力は「改造」で肉体や記憶を弄る能力で、古賀いたみの超人じみた身体能力は彼女の能力によるもの。またこの能力は自分自身にも使うことができ、黒神くじらとしての記憶を失ったのはこの能力に因るもの。

過負荷(マイナス)

凍る火柱(アイスファイア)

生徒会戦挙での志布志飛沫との戦いの中生み出した体温を操る過負荷。体温を下げて空気中の水蒸気を凍らせることで氷を作り出したり、逆に体温を上げて炎を生み出すことが出来る。

球磨川はこの能力を過負荷(マイナス)ではなくただの幸せ(プラス)だと評しているが、くじらは自分は今までもっと酷い環境(マイナス)に自分を追い込み、這い上がるための努力(マイナス)を積んできたため、やはりこの能力は過負荷(マイナス)だと言い張っている。

スポンサード リンク

あなたのシェアをお待ちしています

最後まで読んでいただきありがとうございます。
この記事を面白いと思っていただけましたら是非ソーシャルでお友達とシェアして下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加