桃園喪々(ももぞの もも)

桃園喪々は黒神家に7つ存在する分家の内の1つである桃園家の当主であり、めだかの婚約者候補の一人である。今から10年後の箱庭学園第百十一代生徒会長になる人物でもある。誰がどうみても幼稚園児のような恰好をしており、作中のキャラクターの中では一番ロリ要素が強いキャラクターだろう。

服装はまさしく幼稚園児だが、目つきが非常に悪い。更に話し方が古臭いため、絶対に子供とは思えないような存在となっている。めだかよりも駆け引きが上手く、敵味方関係なく騙して自身の勝ちへと進んでいくような卑劣な性格をしている。また、とことん負けず嫌いであり、どんなに不利な状況に陥られようと絶対に負けを認めない。

桃園喪々はめだかの7人の婚約者候補の中でもリーダー的な存在であり、漆黒宴の大半は彼女が仕切っていた。漆黒宴の最終決戦において「消失しりとり」を提案したのも彼女である。自身が提案した「消失しりとり」によってゲーム開始前から得意な駆け引きでめだかを手玉にとっていたが、その後はめだかの策に溺れキッパリと自分の負けを認めた。

言葉(スタイル)

名札使い

自分が相手の名前を認知していれば、その相手をカード化して封印することができる。そのカードには封印した相手の名前やデフォルメ後のイラストが載る。

ちなみに、死人や瀕死の相手をカード化すると、そのカードのイラストには×印が表記され、そして「DEAD CARD」と書かれた文字も刻まれる。

スポンサード リンク

あなたのシェアをお待ちしています

最後まで読んでいただきありがとうございます。
この記事を面白いと思っていただけましたら是非ソーシャルでお友達とシェアして下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加