完全院さん

完全院さんは安心院なじみの通称名の一つで完全版安心院さんの略称。球磨川禊の「大嘘憑き(オールフィクション)」と「却本作り(ブックメーカー)」によって封印されていた安心院さんだがその封印が解けたことにより黒髪制服の完全版に復活した。

封印状態での登場

安心院なじみは「黒神めだかの後継者編」にて、生徒会戦挙編の後、球磨川禊の『大嘘憑き』が消滅し『却本作り』が弱まったことにより、全身をマイナス螺子に貫かれ、白装束に髪が白く変色した姿で箱庭学園に姿を現す。

この時の安心院なじみは「封印院さん」とも呼ばれる。安心院なじみが球磨川禊に封印された話はめだかボックス本編には出てこないが、単行本の『第66代箱舟中生徒会』にて登場する。

13歳の頃に安心院なじみ、球磨川禊は出会っておりその2年後に安心院なじみは封印される。その時、黒神めだかも一緒にいるのだが球磨川禊の『大嘘憑き』で黒神めだか達の安心院なじみに関する記憶が『なかったこと』にされている。

封印の解放

人吉善吉の「主人公化」を完遂し、全てを諦めて自害しようとするが、めだかにその病理を看破された上で制止され、「現実を学ぶ」ために1年13組へ編入させられた。 その際、残り一本になっていた螺子がはずれ施された封印が解けて、完全体になる。

球磨川禊に言わせてもらうと、これが安心院さんの完全版、通称「完全院」さんということらしい。完全に封印が解け完全体になった安心院なじみの服装はセーラー服となる。

通称完全院さんとなった安心院なじみは143箱で凄まじい量のスキルを披露し、漆黒宴の参加者を鎧袖一触粉砕した。

『どちらが勝ってもおかしくない名勝負』と発言しているものの全員1ページで瞬殺のうえその際使ったスキルの数、1ページ(つまり1人)につき100スキル×6で600個。その時の様子は、めだかですら「絶対あんなのには勝てない。」発言している。

スポンサード リンク

あなたのシェアをお待ちしています

最後まで読んでいただきありがとうございます。
この記事を面白いと思っていただけましたら是非ソーシャルでお友達とシェアして下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加