画図町筆(えずまち ふで)

画図町筆は原作には登場しないアニメ第2期のオリジナルキャラクター。水槽学園に在学している男子生徒の一人でカラフルなロングヘアーが特徴。絵を描くことが好きで登場するときは大体絵筆を持ちキャンパスと向かい合っている。

水槽学園前生徒会長である蛇籠飽の容姿を彼女がいるだけで学園が彩られると高く評価しており、水槽学園を支配するにふさわしい者は彼女しかいいないと考えていた。そのため自分が彼女と競合することを恐れて水槽学園を自分の意思で退学していった。

だが、蛇籠飽が球磨川の手により水槽学園からいなくなったことを知った後、それを理由にして水槽学園へ帰ってきた。

球磨川との対決

復学後生徒会庶務の須木奈佐木咲の髪を金髪にしたことでその存在を球磨川に知られることになる。須木奈佐木の髪のことはともかく、色を操る彼のスキルは学園中の女子のパンツの色を自由自在に変えられるという理由で憤慨し生徒会を執行。

しかしいつものように敗北し、生き返った球磨川は再戦を挑む。球磨川は女子のパンツの色を自分に決めさせてくれるのなら学園中を好きな色で塗りたくってもいい、と交渉を持ちかけるが拒否して再び対決する。

前回同様色を操って攻撃しようとするが、球磨川が大嘘憑き(オールフィクション)によって世界中からあらゆる色をなくしてしまったため為す術なく敗北した。

スキル

色々色(カラーオブビューティー)

自分の思い通りに色を変えることができるスキル。対象は何でもよく、相手に気づかれずに一瞬で色を変えることが可能で、発動条件は絵の具が自分の周辺にあることが関わっていると思われる。

また、このスキルは色から連想できる出来事を誘発させることが可能である。例えば、相手の身体に赤色を塗り「血」を連想させ流血死させることなどが出来る。なお作中では赤色は使用されなかった。

この「色々色(カラーオブビューティー)」には永久に続くような効果はなくしばらくしたら元通りになる。「アブノーマル」なのか「マイナス」なのかは不明。

スポンサード リンク

あなたのシェアをお待ちしています

最後まで読んでいただきありがとうございます。
この記事を面白いと思っていただけましたら是非ソーシャルでお友達とシェアして下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加