獅子目言彦(ししめ いいひこ)

獅子目言彦は不知火の里の「闇」に当たる人物であり、およそ五千年前に世界を救った英雄である。黒神めだかと同じく、千年に一人いるとされている理屈ではなく勝者であることを決めつけられている人物である。

異常な強さを持っている安心院なじみさえも初めて勝てなかった人物である。五千年前に一億回以上安心院なじみと戦っているが、全て敗北している程である。

性格は、とても世界を救ったような英雄らしくなく、品性が無く思い込みが強いような性格をしている。他人から媚びられるのがあまり好きではなく、13組の内6人が獅子目言彦に訪れた時には自分に媚びていると思い込み、その6人を一喝した。

存在の継承

五千年前に存在していた人間であるために、現代ではすでに元となった人間は死んでいるが、不知火の里が存在自体を継承し続けている。いわばコピーを生産し続けているのである。本物が死んだら、次の人に獅子目言彦を継承し、その人が死んだら次に担当している人物が獅子目言彦を引き継ぐといったシステムになっている。

本来では死んでいるはずの存在だが、このような仕組みになっているため、一番最初の本物はすでにいないが獅子目言彦という存在自体は残っている。そして不知火半袖は二十歳でこの獅子目言彦を引き継ぐことになっている。

不可逆のデストロイヤー

獅子目言彦は一度与えたダメージは決して回復しないといった常軌を逸したような能力を所持しており、彼に与えられたダメージは自己治癒による回復はもちろん、どんなアイテムやスキルを使用しようとも決して回復しない。

そして、大量の能力を持っている安心院なじみが輪ゴム1つで瞬殺されるなどと言った、ありえないくらい強い戦闘能力を兼ね備えている。防御力に関しては、攻撃を受ける際にこちらから相手の攻撃に対して攻撃をすることにより、相手の攻撃自体を粉砕することが可能なために、事実上最強の防御力を誇っていると思ってよいだろう。

ならびに、あまり威力のない攻撃はガードするまでもなく、獅子目言彦にとってはマッサージ程度に感じるようだ。現在、獅子目言彦に対して唯一効果のある攻撃は、獅子目言彦対策のために作られた言葉(スタイル)のみであると言われている。

最終的には、獅子目言彦専用に作られたスタイルを使用され消滅してしまった。もう少しでそのスタイル自体に対応できたのだが、少しだけ間に合わなかったようだ。この点に関しては、さすが世界を救った英雄であると言えるだろう。倒された際に、今まで与えていたダメージ「不可逆の破壊」は「可逆の破壊」になり、回復できるようになった。

スポンサード リンク

あなたのシェアをお待ちしています

最後まで読んでいただきありがとうございます。
この記事を面白いと思っていただけましたら是非ソーシャルでお友達とシェアして下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加