湯前音眼(ゆのまえ おとめ)

湯前音眼は二年十三組在籍の「十三組の十三人(サーティーンパーティー)」の一人、験体名は「宙ぶらりん(フリーワールド)」。「十三組の十三人」の中では別格の異端児と言われる「裏の六人(プラスシックス)」の一人である。

「裏の六人」は誰一人としてまともに制服を着ていないが、湯前音眼もその例に漏れずオーバーオール1枚だけで下着さえつけないきわどい格好をしている。ショートカットの髪型で常にけだるい雰囲気を醸しており、口調は常に棒読みである。

風船ガムを愛用しており常に風船ガムを膨らませており、戦闘の最中にも風船ガムを膨らませている。

チーム負け犬との激闘

湯前音眼の初登場は「フラスコ計画」阻止のため地下施設に足を踏み入れた生徒会とチーム負け犬の前に敵として立ち塞がった。

「裏の六人」の中でも仲間たちに関してはそういう設定としか思っておらず黒神に関しては当初は無関係を決め込むつもりだったらしいが理事長に頼まれて駆けつけた。

地下施設最下層への直通通路であるエレベータに待ち伏せし、チーム負け犬の面々と激戦を繰り広げたが球磨川の乱入によってチーム負け犬共々完膚なきまで叩きのめされている。

生徒会戦挙の会長選においては黒神めだかの応援に駆けつけ、糸島の「この戦いは自分たち十三組も守るものだ」と言うセリフに対して棒読みながら同調している。

他のみんなと共に「お前を倒すのはこの俺だ」とめだかに発破をかけた。

異常性(アブノーマル)

湯前音眼は肉体を液状化するというもので相手からの物理攻撃を無効化することができる。チーム負け犬との戦いでは鬼瀬針音のパンチを腹部を液状化することで鬼瀬の腕が体を貫いた状態になっていた。

名瀬曰く彼等の能力は異常性(アブノーマル)の中でも異質で、球磨川等、過負荷(マイナス)の能力を見た後は、彼等の能力は過負荷寄りと分析している。

スポンサード リンク

あなたのシェアをお待ちしています

最後まで読んでいただきありがとうございます。
この記事を面白いと思っていただけましたら是非ソーシャルでお友達とシェアして下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加