正喰者(リアルイーター)

正喰者(リアルイーター)は不知火半袖≪元は1年1組のめだかのクラスメートだが、自らの希望で-13組に移籍した。作中初めて正喰者(リアルイーター)を使用したのは-13組の頃≫の過負荷(マイナス)でスキルを喰い改めるスキル。

対象者の特技や属性や過程などの個性を無視して、文字を置き換えるようにスキルを変えるスキル。とはいえ作り変えられたスキルを見るに、まったく無関係のスキルに作り変えることはできないようだ。第175箱では球磨川禊とのバトルの中で取り返しのつかないスキル「大嘘憑き(オールフィクション)」を取り返しのつくスキルに作り替えた。

その他には日之影空洞の目をそらしたくなる程のパワーのスキル「知られざる英雄(ミスターアンノウン)」を目視できないほどのスピードのスキル「光化静翔(テーマソング)」に、人吉善吉の相手の視界を覗くスキル「欲視力(パラサイトシーイング)」を自分の限界を覗くスキル「改神モード善吉モデル」に作り替えている。

代償と発動条件

正喰者(リアルイーター)はスキルを食べて消化、『昇華』するものと考えられるが、その代償として多大のエネルギーが必要であるため、半袖が一日に5食は普通、多い日は8食と大食いなのも理解できるだろう。

安心院なじみは、「この世で最も忌まわしいスキル」と発言しているが、相手にゼロ距離まで接近しないとしようできないようである。接触(捕食?)しないと効果を発揮できないといったことであろう。不知火半袖本人は「使い勝手の悪いスキル」と言っている。

スキルを『悔い改める』→『喰い改める』、大嘘憑き(おおうそつき)⇔正喰物(しょうじきもの)と西尾先生らしい言葉遊びがいろいろ考えられているスキルだ。

スポンサード リンク

あなたのシェアをお待ちしています

最後まで読んでいただきありがとうございます。
この記事を面白いと思っていただけましたら是非ソーシャルでお友達とシェアして下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加