日之影空洞(ひのかげ くうどう)

日之影空洞は3年13組に在籍している男子生徒にして箱庭学園第97代生徒会長。知られざる英雄(ミスターアンノウン)と呼ばれているアブノーマルを持っており、生徒会長の間は校内全員の生徒に姿や名前を知られることなく平和を保っていた。

なぜ姿や名前さえも知られずに校内の平和を保てたのか、それは日之影空洞には圧倒的な強さがあったからである。なお、姿や名前が知られなかったのはミスターアンノウンが原因であり、生徒側はその存在すら覚えていないものがほとんどである。

異常性(アブノーマル)の変化

接近戦ではめだかボックス内最強であり、軍隊と渡り合えるほどの強さだと言われている。後にミスターアンノウンは後に光化静翔(テーマソング)と呼ばれるアブノーマルに変化してしまうこととなる。実はこのテーマソング、なんと光速で動けるのである。ここまでくればほぼ無敵であると言えるだろう。

しかし、ミスターアンノウンからテーマソングへと変化したので、ミスターアンノウンは消滅してしまった。ちなみにこのテーマソングの発現原因は凶化合宿中に過負荷の奇襲を受けて負傷し、戦意喪失しているところで不知火半袖の正喰者(リアルイーター)を受けたためである。

日之影空洞はこのような強さを象徴しているか如く巨漢で筋肉質な容姿だが、見た目に反して案外きさくな性格をしている。また、シャイなところもあり、なんでもかんでも一人で背負ってしまうのが特徴的だ。

異常性(アブノーマル)

知られざる英雄(ミスターアンノウン)

誰もが目を逸らし忘れたくなるほどの破壊的な強さ故に他人にその存在すらも認識させず、一度認識したとしても覚えられることはない。

光化静翔(テーマソング)

不知火の過負荷・正喰者(リアルイーター)によって知られざる英雄(ミスターアンノウン)と引き換えに手に入れたスキル。能力発動時は髪が黒くなり光速での移動・攻撃が出来るスピードの異常性(アブノーマル)。

スポンサード リンク

あなたのシェアをお待ちしています

最後まで読んでいただきありがとうございます。
この記事を面白いと思っていただけましたら是非ソーシャルでお友達とシェアして下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加